エンジンスターターをおすすめする理由|ブースターケーブルに潜む危険性

なぜ私はエンジンスターターをおすすめするか

 

バッテリー上がりの対処法といえば、これですよね↓

shutterstock_138371027
 

あるいはこれです。

IMG_3596
 

まずは前者ですが、これは色々問題点が多すぎます。

ブースターケーブルの対処法の問題点

1. 他人の車から電力をもらわないといけない

助けてくれる人を探すのは大変ですよね。特に人見知りだと・・・
かと言って知人に助けに来てもらうのも迷惑が掛かります。

エンジンスターターなら一人で対処できるから誰にも迷惑かかりません。

2. ブースターケーブルに関する正しい知識がないとあぶない

自分か救援者がブースターケーブルの正しい扱い方を知らないとキケンです。なにせ大きな電圧、電流のそばなので感電、やけど、故障のリスクがあります。例えば、両手にケーブルを持ったままバッテリーに接続するぐらいでも、ショートの危険性が非常に高いのです。

エンジンスターターは操作時に多少の注意は必要ですが、3ステップで完了するのでリスクもその分ありません。

3. ブースターケーブルが安物でキケン

まずブースターケーブルは数千円から数万円まで、長さと対応電流で変わります。

「万が一しか使わないし」と考えて2千円のものを買ってしまうと対応電流が低くて短いケーブルしか買えません。そうなるとまず、車同士をかなり近づけないと行けませんよね。しかもボンネットが向き合うように停めるとなると、一般道路や狭い駐車場だとかなり厳しいです。

そして電流が対応していないとケーブルが非常に熱くなって火傷や火災、車へのダメージにもつながりかねません。

しっかりした高額なブースターケーブルを買うぐらいならV12マルチチャージャーのようなエンジンスターターを買ったほうが良いのでないか、と思ってしまいます。

4.時間がかかりすぎる

救援者を見つけるだけでも数十分や数時間かかるかもしれません。
そして車を近づけて、ブースターケーブルを慎重につなげるのもやはり数十分かかります。

急に起きたバッテリー上がりならなおさら、時間をどんどん無駄にしてしまいます。

エンジンスターターは1分で解決します。この差は歴然ですよね。

上記の理由で、私はエンジンスターターをおすすめしています。
同じエンジンスターターを買うなら利便性と品質、ついでにファッション性の高いものを選んだほうが良いと思うのでV12マルチチャージャーがとくにおすすめですね。気になったら一度V12マルチチャージャーのホームページをご覧になってみてください。

次回はロードサービスの経験とエンジンスターターとの比較について書きます。

V12マルチチャージャーのホームページはこちら

 

エンジンスターターで実際にエンジンをスタートさせてみた

car-527817_1280
 

小型エンジンスターターを初めてみる方がそろって思うのが

「こんな小さなもので本当にエンジンがかかるのか!?」

それもそのはずですよね。
ポケットに入るたった200gのモバイルバッテリーみたいなのが
4000ccの車のエンジンを始動できると思わないはずですよね。

そもそもちょっと前まで、エンジンスターターといえばこんなのでしたから↓

IMG_0048
では実際にV12マルチチャージャーでエンジンをスタートする様子をご覧ください。

超小型エンジンスターターで車を始動している動画



これはV12マルチチャージャーのホームページに乗ってる動画です。
もちろんここに映ってる車は掛かりますので、あまり説得力ないかもしれません。

ここではバッテリーの上がったNISSANのエルグランドをV12マルチチャージャーのGLエディションで始動しています。

(※GLエディションは通常のV12マルチチャージャーより薄型で性能は比較的低めです)

エンジンスターターの中でも一番小さいサイズでも
一般乗用車のほとんどに対応しています。

バッテリーの上がったトヨタの車を始動している様子です。

超小型エンジンスターターで始動できない車

もちろんすべての車両に対応しているわけではありません。
ピーク電圧は400Aなので、それ以上の電圧が必要な1気筒、2気筒バイクやスポーツカーは厳しいかもしれません。

詳しくはV12マルチチャージャーのホームページをご確認ください。

 

エンジンスターターの使い方の説明

つなげる
超小型エンジンスターターの使い方は基本的に上記の通りです。

バッテリーの上がった車のバッテリーにまず、専用のブースターケーブルをつなげます。 もちろん専用ケーブルは同梱されています。

赤のクランプで+のターミナルを挟みます。続いて黒のクランプで-のターミナルを挟みます。

バッテリーによって挟む位置が微妙に変わってたりするので、
それは事前にご確認ください。

続いてエンジンスターター本体を専用ケーブルにつなげます。

これで準備OKです。

車のエンジンを掛けてみましょう。

私もV12マルチチャージャーで上手くピンチを回避したことがありますし、
これでバッテリー上がりで困っている人もスマートに助けられますね。

V12マルチチャージャーの詳細、カラーバリエーション、対応車種については
ホームページをチェックしてみてください。

V12マルチチャージャー_468×60

エンジンスターターのおすすめ|エンジンが突然かからなくなる、エンジンキーを回しても反応しない、エンジンのスタートが音がおかしい。そんなときにエンジンスターターを使って即座にエンジンをスタートさせましょう。バッテリーケーブル、JAFはもう時代遅れ。エンジンスターターを持ち歩いていれば、いつエンジンがかからなくても安心。